タイムレコーダーを就業規則にあわせると

ICカードで打刻の不正を防止

勤怠管理を不正にする事は、実は誰にでもかつ簡単に行えます。例えば、出勤している同僚に、取引先への直行の際に最初にタイムレコーダーを代わりに押してもらう事が可能です。これを続けるとそのうち寝坊したから代わりに押しておいてに変わってしまうかもしれません。しかし、昨今では他人に渡しにくい個人のおサイフケータイ付きスマートフォンやICカード等で、打刻をICカードタイムレコーダーにすると打刻の不正を防止出来るようになります。
他人には渡す事が出来ないので、必ず本人が打刻をしないと出勤や退社した事が分かりません。絶対に同僚に頼んで、代わりに打刻をしてもらう事は不可能です。このため手動で今までは行っていたものを、自動化する事により不正を防いで正確な管理が出来ます。

リアルタイムに勤怠状況を把握する

勤怠管理が手動の場合は月末に締めて、勤怠状況を把握するのに翌月半ばに集計し時間がかかります。自動化された勤怠管理システムなら、入力作業や集計作業が社員の出勤時刻や退社時刻等の勤怠状況を日々リアルタイムで把握可能です。
長時間労働をしている社員が、チェックを勤怠管理システムにより行うだけで見つけ出す事が出来ます。カテゴリー分けした業務内容を社員に出来て、一定時間がカテゴリーごとに指定した勤務時間を超えたら警告を出す事も出来るようになります。
具体的にはサービス残業続きで、長時間働いた結果燃え尽き症候群になって他の社員どころか会社のエースまでが退社する・・・。会社にとって育てた上げた人材を失うのは痛手だと思います。しかし、勤怠管理が明確に行われることで、サービス残業や不要な労働、賃金までもが削減するというのがタイムレコーダーのメリットです。