クラウドを活用したタイムレコーダーもあり

勤怠管理システムは便利だけど管理が大変?

勤怠管理システムはタイムレコーダーにカードリーダーを接続、ハードウェアに情報を記録すると言うシステムで、紙のタイムカードの集計作業がなくなる、集計時の計算ミスを防止できる、勤怠管理の工数を削減出来ると言うメリットを持ちます。
しかし、サーバーを設置する、サーバーの構築や管理が必要になるため、勤怠管理システムを導入する場合にはサーバーに精通した従業員が必要になります。
更に、勤怠管理システムを運用するためには専用のアプリケーションソフトウェアが必要になるケースもあり、社員数分のアプリケーションを導入しなければならないなど、経費が多くかかるケースも出てきます。
これらの諸問題を解決してくれるのがクラウドによる勤怠管理システムなのです。

クラウドを利用すると勤怠管理システムはどう変わるの?

クラウドシステムはエンドユーザーのパソコンに専用のアプリケーションソフトウェアがインストールされていなくても、ネット接続が可能な環境内であれば情報入力や閲覧、保存などを容易に行えるシステムです。
クラウドを活用した勤怠管理システムの場合、社内にサーバーを設置する必要がなくなるため、サーバーの管理を行う人材も不要になります。
これにより経費を節約出来ると言うメリットが出て来ます。
勤怠管理システムと同じく、集計作業は自動化を図れるので、勤怠管理に掛かる工数削減や入力および計算ミスもなくなります。
更に、クラウドを活用した勤怠管理システムは、専用のアプリケーションソフトがインストールされていないパソコン上で管理画面を閲覧出来るため、初期コストなどを削減出来るのです。