これからの怠勤管理はタイムレコーダーで

デジタル化が進んだタイムレコーダー

デジタル化がこれまでより進んだことによって、タイムレコーダーにはネットワークや認証などさまざまな機能が追加されています。従業員が打刻した時間をデジタルで取得することによって、就業管理や勤怠管理のシステムにデータを転送するという機能が一般的です。このような発展によって耐久性もアップしたため、工場や屋外でも使用できるようになっています。
直接タイムカードに記入するという方法ではないので入力ミスも軽減されており、PDFやCSVファイルで出力することも可能です。従業員が出勤時間をチェックしたい場合は、スマートフォンなどを使ってを調べられるようになっています。このように、ネットワークと連携した出力機能が充実しているのが特徴です。

不正防止やセキュリティ対策もできるタイムレコーダー

打刻しているのは誰なのか調べる認証機能として、現在はICカードや社員証などが使われています。これによって、出退勤時間に関する不正を防ぐことが可能です。ICカードを使うことにより、入退室の管理も行えます。アルバイトやパートなどICカードを配布するのが難しいケースでは、スマートフォンを使った方法もあるので安心です。工場やデータセンターなど高い機密性が求められる施設の場合、指紋認証など生態認証に対応している場合もあります。
このようなタイムレコーダーは使用する規模によって選定を行いましょう。数十人に対応している機器から数千人に対応可能な機器まで豊富です。また屋外や工場の場合は、騒音や振動の影響を受けにくいタイプを選びましょう。