怠勤管理ができるタイムレコーダーを

クラウドを使った勤怠管理システムについて

タイムレコーダーによる集計の手間を減らしたいと考えている方におすすめなのが、クラウド上でできる勤怠管理です。リアルタイムで勤怠の状況を確認して、自拠点のみでなく他の拠点の状況まで調べることができます。国内だけでなく海外の拠点もすぐにチェックできるため、残業の状況や異常勤怠なども把握することが可能です。
またクラウド上のタイムレコーダーならば、シフト管理も同時にできるようになります。スケジュールのパターンを設定したり、月別や日次のシフトを管理することも容易です。従業員ごとの勤務希望時間の編集もすぐ行えます。さらに生体認証式のレコーダーを使えば不正を防止することができるので、適正な勤務評価の実現が可能です。

セキュリティ面でも安心な勤怠管理システム

タイムレコーダーのように利用できる勤怠管理システムはパソコンに接続しなくても利用できるタイプもあるため、これまで利用してきたタイムカード式と同じような感覚で利用することができます。出入り口付近に設置することも可能であるため、セキュリティの面でも優れており耐久性も問題ないです。
このようなクラウドを使った勤怠管理のシステムは、打刻方法も豊富にそろっていることが魅力になっています。指紋認証やICカード、パスワードなどによる認証が多く従業員によって認証方法を変えることも可能です。勤怠管理システムを導入する場合は、サポート体制がしっかりしている企業を選ぶようにしましょう。また会社によってどんな機能があるか比べるのも大事です。